アクエリ道場破り〜ディメンション・ゼロ編〜
アクエリ道場破り〜ディメンション・ゼロ編〜 先鋒戦

<先鋒戦>
「“ディメンション・ゼロ大会担当”清水」
青白「ラム酒で乾杯」
VS
「“プリンス”さいとー」
赤緑「確定除去がないと安心できません」


アクエリ道場破り企画第2弾となるディメンション・ゼロ編の初戦の組み合わせは、ディメンション・ゼロ大会担当の清水と、プリンスさいとー。さいとーの使う赤緑のスピードに、清水がどのように対抗するかが勝負の分かれ目となりそうな対戦である。
さいとーとしては先攻を取りたかったところだが、じゃんけんの結果、先攻を取ったのは清水。しかし先に動いたのは環境最速とも言われる赤緑を操るさいとーだった。清水の2ターン目の終わりに「バイオ・サーバー」をセットすると、2ターン目にプランで何も出なかったのを確認した後、手札から「フレイム・フライ」をプレイ。これに対して清水は「産卵科病棟」をプレイすると「機械竜ラルゴ」をゲームから除外して、手札を削るリスクを背負いながらも後半の反撃への布石を打つ。この隙に攻め込みたいさいとーはプランから「枯れ果てた大樹」をセットすると、「バイオ・サーバー」上の「フレイム・フライ」でエネルギー加速を目論むが、これは清水の「粉雪の魔氷パウダースノー」に防がれてしまう。
ここが運命の分かれ道だったのか、ここから流れは一気に清水へと流れていく。清水が4ターン目に「電脳神の聖地」で「バイオ・サーバー」を割ると、さいとーの4ターン目のプランは「ガン・ドリアード」、「ガン・ドリアード」、「大巨人ゴッドファーザーJr.」。何も展開することができない。続く5ターン目でも清水が「ダークサイド・ソウル」を使って手札を増やすのに対して、さいとーは何とか「枯れ果てた大樹」の2枚目をセットするがユニットを展開することができず、赤緑特有の序盤の攻勢を仕掛けることができない。
更に清水が6ターン目、7ターン目にプランから「溶接工アリーナ」を展開するのを見届けると、さいとーはこれ以上の展開を許すわけには行かないと、「枯れ果てた大樹」をコストに「大巨人ゴッドファーザーJr.」のエネルギーゾーン効果を起動。「溶接工アリーナ」の対面に出して、踏みに行く準備をし、清水の残りエネルギーが2しかないことを確認すると、さいとーは翌ターンに一気に攻め込む。
しかし、清水の最後の手札、5ターン目に「ダークサイド・ソウル」で一旦手札が0枚になった後に引き込んだのは、「ジャック・オー・フロスト」。「産卵科病棟」をコストにこれをプレイし、「ゴッドファーザーJr.」をデッキトップに戻すとともに「機械竜ラルゴ」を出すと、翌ターンには一挙7スマッシュを与え、清水が勝利した。

 

赤緑のお家芸とも言える序盤の攻撃ができなかったさいとーと、序盤から綺麗にデッキを回すことができた清水。本来であれば長期戦に持ち込んだ方が有利なデッキを使いながらも、しっかりと攻め時を誤らず、序盤のその差を生かしてチャンスが来たところで攻めることができたのが清水の勝因だろう。逆にさいとーの赤緑は序盤ユニットを展開できることを前提としている分、前提が崩れてしまった場合には立て直しにくいという弱点が露呈してしまう結果となった。

 

文責:35.1%の皆様、おめでとうございます。 村瀬


Dimension-Zero Official Home Page © BROCCOLI