クイックスタート・デッキ徹底攻略【流星編】

 

●基本戦術

 

黒と青のカードで構成された「流星」は、自分の手札を増やしつつ様々な手段で相手を妨害していく、コントロールと呼ばれるタイプのデッキです。「相手の動きを見て自分も動く」というディメンション・ゼロならではの戦術を味わうことができます。

●動かし方【序盤】

 

エネルギーゾーンに置くカードは手札にあるカードなら何を置いてもいいのですが、まずは《堕天使ムリエル》など黒青の二色カードが有効です。これらのカードは黒と青のどちらとしても使えるため、必要な色エネルギーが足りないいわゆる「色事故」を軽減してくれます。
序盤で大事なのは手札の増強です。以下のカードのプレイをまずは狙っていきましょう。

 


ダークサイド・ソウル

蒼流星ストームドライブ

失恋の痛み
・ダークサイド・ソウル
プランゾーンからなら0コストでプレイできるため、1ターン目から使っていけるストラテジー。1ターン目は青エネルギーからセットし、プランをめくることからスタートしましょう。
・蒼流星ストームドライブ
スマッシュの代わりに1枚カードを引くことができる優秀なユニット。スマッシュはエネルギーにもなるため、早いターンから与えていてはむしろ相手に有利になってしまいます。基本的にこのカードは、生き延びている間はひたすらドローをしてもらいましょう。3ターン目からドローを開始できれば大幅に手札を増強できます。
・失恋の痛み
コントロールにおいて重要なのは相手のデッキを知ること。これを早いターンにプレイできれば相手のデッキの中身を知りつつ、序盤の脅威となるカードを捨てさせることができます。
 
●動かし方【中盤】

 

手札をある程度蓄えつつ、ベースを揃えていきます。「補給」を始めとしてベースと関連する能力を持ったカードが非常に多いため、ここでしっかり揃えておくことが終盤への布石となります。当然相手もユニットを展開して攻めて来ますので、的確に凌いでいきましょう。



雪霰の魔氷ヘイル

レディ・アルストロメリア

死霊軍団長ビフロンス
・雪霰の魔氷ヘイル
青のベースが揃っていれば、最大で6コストまでのユニットをデッキに戻すことができます。パワーもそこそこにあるため、中型クラスのユニットまでならバトルで倒すこともできる使いやすいユニット。
・レディ・アルストロメリア
相手の大型ユニットを1体、墓地に送ることができます。墓地のカードを3枚除外する必要があるため墓地の枚数が少ない場合はプレイできないので、そこだけ注意しておきましょう。
・死霊軍団長ビフロンス
補給を持っているため最小2コストでプレイできるユニット。1体のユニットにバトルをしかけつつパワーを-3000することでパワー7500までのユニットと相打ちが取れたり、小型のユニット2体を同時に処理したりと、柔軟な使い方が可能です。

 

●動かし方【終盤】

 

相手も勝負を決めようと猛攻を仕掛けてくる終盤。ここを凌いで相手を息切れさせれば、もう勝利は目前です。あとは悠々とスマッシュを入れて勝利しましょう。



断裂の魔氷クレバス

魔獣軍団長ヴァサーゴ

蒼王星キングトライデント

・断裂の魔氷クレバス
わかりやすく書くと「数字をひとつ指定し、その数字と同じコストの相手ユニットを全て山札に戻す」という能力です。相手のユニットが特定のコストに偏っていた場合は、全てのユニットを戻すことも可能になります。1回のプレイで複数のユニットに対処できるため、終盤の防衛にはかなりの力を発揮します。また、《時空城砦》で自分を山札に戻したり、墓地に落ちたところを《貴婦人の微笑》で復活させたりすれば何度も能力を使うことが可能です。
・魔獣軍団長ヴァサーゴ
・蒼王星キングトライデント
それぞれ対応した色のベースをフリーズするだけで、リリースすることができる大型ユニット。トドメ役として最適な他、バトルに勝った際のボーナスもあるため、戦況をひっくり返すカードになってくれます。

 

●改造するなら


このまま使っても十分強いデッキですが、自分好みに改造するとより楽しく遊ぶことができます。以下に、改造例をご紹介します。

【青の濃いビートダウンにしてみる】


醸造商人プラヴァ・ビル

蒼冥星ネーレウス・ハーケン



もっと積極的に攻め込む方が好みという方は、青の攻撃的な「急襲」ユニットを追加してビートダウン寄りにしてみましょう。中でも《醸造商人プラヴァ・ビル》はエース候補の一枚です。高いパワーとスマッシュ、そして手札補充を兼ね備えているので手札を切らすことなく攻め続けることができます。また、ベースが多めに入っているデッキなので《蒼冥星ネーレウス・ハーケン》も選択肢に入ってくるでしょう。ベースが3枚揃っていれば、隊列召喚のコストでいきなり中央エリアにプレイすることができます。簡単にプレイできるスマッシュ2ユニットとして、奇襲性は抜群です。

いかがだったでしょうか。
コントロール要素の強い「流星」では相手との駆け引きの妙が堪能できることでしょう。是非このクイックスタート・デッキから、ディメンション・ゼロの世界を体験してみてください!

 



Dimension-Zero Official Home Page © BROCCOLI