日本選手権2006決勝トーナメントレポート
第1回 ライター 内藤大樹(「ななあきのD-0政」管理人)

いよいよ決戦の火蓋が切って落とされた、日本選手権決勝トーナメント!
決勝トーナメントでは、あらかじめ全員のデッキレシピが公開されており、これまでとはまた違った戦い方が繰り広げられると予想されました。事実、相手の墓地やエネルギーゾーンにあるカードを確認するという場面が幾度も見られました。あのカードはあと何枚残っているのか。残っていないならば、ここはこの手で行こう。残っているなら、この手はまだやめておこう。このような戦術が飛び交っていたことでしょう。
個人的に注目していたのは「清水昭雄」さんでした。彼は「仲間たちのと絆」登場以来、すっかり衰退してしまった「黒緑ゴッドルドルフ」と、参加者唯一の白メインの「白青」を使用していました。特にBデッキである白青は、色別使用率で最も低い白を中心に据えたデッキであり、使われても4色プランに入るくらいと、まさに不遇の色でした。そんな白でここまで勝ち残ってきた彼にはがんばってもらいたかったです。


≪第1回戦≫
高橋昌宏さん(予選7位) VS 市川慶一さん(予選10位)

1本目
序盤、いきなり市川さんが「失恋の痛み」をプレイ。高橋さんの手の内を見れて、優位に立つ。その直後のターン、高橋さんはプランから「細波の入江の魔女」をプレイ。しかし、これは出てくるのが早かった…。本人も、しょうがないから出したという表情だった。案の定、特に役立つことなく「ステルス・スナイパー」に焼かれた。
中盤、「サファイア・ソウル」を使いながら、ちくちくとスマッシュを入れてゆく高橋さん。それに対し、なぜかよく出てくる「花束を捧げる乙女」でスマッシュを回復させながら高橋さんのユニットを倒してゆく市川さん。スマッシュ入れては回復されるという一進一退の、手に汗握る攻防が繰り広げられた。
流れが動いたのは、突然だった。プランから「センチネル・センチピード」をプレイして高橋さんの「ハイタイドセイコー」をバウンス(※1)しようとした市川さん。しかし高橋さんは「真空の魔氷バキューム」で「ハイタイドセイコー」を自らバウンスするのであった。プランデッキにとって、5コストのパワー6500以上のユニットというのは、非常に除去しにくい。「ステルス・スナイパー」や「イビルアイ・ドライバー」の効果だけでは除去できず、「センチネル・センチピード」ではバウンスするだけに留まってしまう。市川さんのデッキでは除去手段は「絶望の連鎖」や「シャドー・ソウル」だが、この時点では彼の手札にはなかった。そしてすかさず返しのターンで、高橋さんは「真空の魔氷バキューム」で攻めに入る。ところが負けていない市川さん。一発目のプランでいきなり「ステルス・スナイパー」をめくる。これを「真空の魔氷バキューム」にぶつけ、効果は奥にいるユニットへ。そして場に出ていた「殺意の魔煙キラー」の歩を進ませて「真空の魔氷バキューム」へバトル!
しかし…、「マーフィーズ・ソウル」!出た〜、「マーフィーズ・ソウル」!!まあ、さらにユニットぶつけられて「真空の魔氷バキューム」はやられちゃったけど…。でもよくやった、「マーフィーズ・ソウル」!!!
試合もいよいよ終盤。この時点でスマッシュだけ見ると優位に立っていた高橋さん。
しかし、市川さんのプランデッキならではの除去能力の高さと、自身の残りデッキ枚数の少なさから、かなり追い詰められた状況だった。もう後がない高橋さんが勝負に出た!あとスマッシュ2点入れれば勝てるという状況だったので、中央エリアにいた「銀砂の魔女」を敵軍エリアまで進ませた。
しかしやはり握られていた、墓地効果の一角の「ステルス・スナイパー」。もちろん投げつけられたが…、対応で「真空の魔氷バキューム」、「銀砂の魔女」をバウンス。「銀砂の魔女」がスマッシュを狙いにいったのは最後の賭けのように見えたのだが、「真空の魔氷バキューム」の登場はただのあがきにしか見えなかった。そう思った次の瞬間…、「パラドクス・ストーム」!「ステルス・スナイパー」「真空の魔氷バキューム」を入れ替えてスマッシュを狙う。前のターンから市川さんの自軍エリアには「イビルアイ・ドライバー」がいた。なぜ最初から「パラドクス・ストーム」を使わずにこんな回りくどいことをしたか。
それは、高橋さんのターン開始時に市川さんの残りエネルギーは9あり、いきなり「パラドクス・ストーム」を使っても、スマッシュする前にユニットが叩き落されてしまうことが明白だったからだ。
また「銀砂の魔女」が移動せずに「真空の魔氷バキューム」を出したとすると、プレイに対応して「銀砂の魔女」に「ステルス・スナイパー」を投げつけられ、「真空の魔氷バキューム」の効果は自身を対象に取るしかなく、出戻ってしまうハメになってしまう。しかしこうすれば、市川さんはあと1回対応するのが精一杯であり、また実は手札には墓地効果ユニットしかなかった。「真空の魔氷バキューム」がそのままスマッシュして、高橋さんが一本先取した。
終盤の4色の弱点を見事に突いた作戦と、芸術ともいえる読みで、まったくベースを張らなかったにもかかわらず、高橋さんが本当に見事な勝利を飾った。
※1:バウンス:場のカードを手札やデッキに戻すこと

2本目
序盤、市川さんは「兎娘キューティ・バニー」や「妖魔の予言者」などを展開して優位に立ったかな〜と思ったら、高橋さんも「見つめる人形アリッサ」や「ローリング・ソーンズ(プランから)」など、負けじと展開。
が、プランからの「バーサーカー・ドラッグ」でエネルギー加速しながら攻めることの出来た市川さんがやや有利か中盤に入ると、高橋さんは「全知の魔鏡」をプレイ。「魔王の城」もあったので、これは強い!
ここで市川さんは交戦モードに。「全知の魔鏡」や「見つめる人形アリッサ」を攻めさせる隙を与えない、「攻撃は最大の防御」作戦に出た。し・か・し〜、ここはさすが黒。
高橋さんの手札から飛んでくるのは「スパイク・ガールズ」とか、やっかいなものばかり。
しかもすっかり忘れていたのか、市川さんは「魔王の城」のある中央ラインから攻めてしまった。
序盤ためておいた「バーサーカー・ドラッグ」も使い切ってしまい、気付いたら手札もエネルギーも使い切ってしまう。そこですかさず、今まで沈黙していた「見つめる人形アリッサ」と「全知の魔鏡」で一気に攻め、市川さんはにっちもさっちもいかない状況に。
ついには市川さん投了で高橋さんが2回戦進出を果たした。
相手の動きに動揺せず、どっしりと構えた高橋さんの貫録勝ちという感じでした。

1回戦総合結果
木下智哉さん、清水昭雄さん、名倉裕也さん、高橋昌宏さんがそれぞれ2回戦へと歩を進めました。
注目の清水さんも、いきなりネット中継というプレッシャーを跳ね除け、見事勝ち進んでいました。
それにしても、高橋さん以外は下克上が起こるという、決勝はまさに波乱のスタートとなりました。


≪第2回戦≫
立石祐也さん(予選4位) VS 清水昭雄さん(予選12位)

1本目
立石さんは「ロスト・ワールド」、清水さんは「兎娘キューティ・バニー」と、両者理想的な立ち上がりを見せました。
しかし軽いユニットの多い立石さんは順調にユニットを展開・進軍してゆくのに対し、重いユニットばかり清水さんは完全に防戦一方。要所要所で「カオスビースト・ナインテイル」による迎撃&エネルギー破壊をしてゆくものの、立石さんの勢いは全く止まらず。
結局、清水さんは切り札の「幻影王ルドルフ」や「大巨人ゴッドファーザー」どころか「冥界の門」も「生命の門」も使うことなく、立石さんが一本先取したのでした。
デッキの相性が如実に出た一戦でした。

2本目
しょっぱなで、立石さんが痛恨のミス!プランを作成しようとカードをめくろうとしたら、一緒に2番目のカードもめくれてしまう。これにより立石さんは警告を受けてしまう。
警告は、いわゆるイエローカードみたいなもので、2回受けると「デュエルの敗北」となってしまう。
それからほどなくして、あせりからか立石さんがまた同じミスを犯してしまう。
これにより立石さんは2つ目の警告を受けてしまい、敗北。
プランの作成・更新は慎重に。みなさんも気をつけましょう。

3本目
立石さんはAデッキ、清水さんはBデッキを選択。清水さんは、もし立石さんがAデッキを選択した場合、
自分もAデッキを使用したら確実に負けてしまうと考えたからBデッキを選択したのでしょう。
立石さんは2戦目の敗北原因がそうとう堪えていたのでしょう。
立石さんのデッキはとにかく攻めが速いので、清水さんも積極的に攻める作戦に出ました。
立石さんがユニットを出したら、自分のユニットを攻め込ませてでも迎撃にあたる。
あとでまとめて攻め込まれないようにするための作戦でしょう。
さらに立石さんの「ロスト・ワールド」と同じラインに、清水さんは「クリスタル・フォートレス」をプレイすることができ、がぜんやりやすくなりました。
その時、立石さんが大きく動きました。「閃光の魔炎ビーム」をプレイ後、「全軍突撃」をプレイして、清水さんのユニットを一掃しにかかったのです。ちょうど「クリスタル・フォートレス」ラインにいた「花束を捧げる乙女」も、「バーサーカー・ドラッグ」をプラスして、移動コストが足りない分は「小さくて大きな力」を利用して、3体もいた清水さんのユニットをすべて撃墜することに成功したのです。
実は「閃光の魔炎ビーム」はそのままスマッシュして、手札に戻りました。
「閃光の魔炎ビーム」が手札に戻る効果と「バーサーカー・ドラッグ」でユニットがエネルギーに置かれる効果は同じ「ターン終了時」なので、どちらを先にスタックに乗せるかをプレイヤーが選ぶことが出来ます。
立石さんはこのうち、手札に戻すほうを選んだわけですね。
ちなみに「刹那の魔炎レイザー」も、墓地に置くかエネルギーにするかが選べます。
ただしスタックは逆順処理なので、やりたいほうを後のスタックに積まないといけないことを忘れないように。
お互いのしかし敵軍エリアまで攻めていた、清水さんの「聖騎士ホーリー・アロー」がどうにも止めることができきない。最後はプランからおもむろに出てきた「細波の入江の魔女」を利用して、清水さんが3回戦進出を果たした。攻撃と防御がバランスよくかみあった、芸術的な動きをした清水さんでした。

2回戦総合結果
木下智哉さん、清水昭雄さん、岩崎祐也さん、今井亮太さんがそれぞれ3回戦へと歩を進めました。
実は木下さん、池っち店長が注目していた武井さんと杉原さんの両方と当たっていたのです。
2人とも同じデッキだったとはいえ、この両名を倒しての3回戦進出はすごいですね。


≪第3回戦≫
木下智哉さん(予選9位) VS 清水昭雄さん(予選12位)

1本目
1、2回戦で岡山勢をなぎ倒した木下さんと、注目の白使い清水さんの一戦。
そんな2人の1本目は、ミラーマッチ(※2)で始まるのでした。
しかし序盤は、木下さんは「兎娘キューティ・バニー」や「象砲手バルカン」でエネルギー加速を、清水さんは「失恋の痛み」や「ブラック・ホール」でこれからの下準備をと、まるで違う動きをしたのでした。
中盤に入ると、木下さんはプランから「戦虎タイガーアイ」をプレイすることに成功。
これで一気に流れを掴んだかに見えたが、清水さんはこれを「呪われた手紙」で迎撃。
さらに「ブラック・ホール」のある中央ラインを中心にした攻めで、流れを完全に掴む。
負けじと木下さんも「ヤマブシ・ドリアード」をプレイするも、すでにスマッシュがかなり溜まっており、左右ラインからのユニットまで対処することができず、清水さんが一本選手したのでした。
ベースの大事さを改めて思い知らされた一戦でした。
※2:ミラーマッチ:同系統のデッキ同士の戦いのこと

2本目
序盤、清水さんはプランからの「バードマン・ソウル」をプレイ。
そしてめくれたカードは…、なんとまた「バードマン・ソウル」!
神引きで手札を大量確保する。さらにその数ターン後、またまたプランから「バードマン・ソウル」が登場!
まさに絶好調であった。
しかし、木下さんの執拗なまでの除去によって、清水さんのユニットは次々と倒されていってしまいます。
それでも基本的には相打ちが主でした。試合が均衡しているように見えたのですが…。
結末の前に、好プレイがあったので紹介します。木下さんが「シルバーワイズ・ドラゴン」を中央エリアに移動したとき、それにスタックして清水さんは「天国の門」をプレイしました。この効果で、清水さんは「聖騎士ホーリー・ダガー」を「シルバーワイズ・ドラゴン」の目の前に出したのです。こうすれば「聖騎士ホーリー・ダガー」に「攻撃させる」ことが可能であり、その効果でパワーアップして戦闘させることが可能なのです。
「ガーディアン・ソウル」でも可能です。白では古くから使われてきたコンボなので、この機会にぜひ覚えてみてください。
両者とも一進一退の均衡した試合が繰り広げられていた中、唯一均衡していないものがありました。
それはデッキ枚数。プランデッキである木下さんと、「バードマン・ソウル」を3枚も使ってしまった清水さん。
気がつくと、両者のデッキ枚数には大きな開きがありました。
自分のデッキが尽きる前になんとしてでも勝負を決めたい清水さん。
しかし木下さんの除去能力の高さの前に、なかなかまとまったスマッシュを入れられずにいました。
結局間に合わず、最後は自ら「欲望の連鎖」でデッキ切れを選ぶのでした。
これで両者一本ずつ。決着は3本目に持ち越されるのでした。
それにしても、「バードマン・ソウル」の使いすぎは、特にコントロールデッキ相手には危ないんだな〜という教訓のような試合でした…。

3本目
木下さんはBデッキ、清水さんはAデッキを選択。両者とも、このマッチ内で勝ったデッキを選択したのでした。
序盤は完全に清水さんペース。「兎娘キューティ・バニー」出せるわ、プランから「イビルアイ・ドライバー」出てくるわ、「失恋の痛み」で天敵「シャドー・ソウル」落とせるわ。だが、流れが変わったのは、この直後だった。
清水さんが「失恋の痛み」をプレイした本当にその直後、木下さんは「マントルを漂う遺跡」をプレイ。
リアニメイト(墓地からユニットをスクエアに出すこと)デッキである清水さんのデッキには、手痛いカードが登場したわけです。木下さんは墓地効果ユニットがあれば、それを最優先に除外してゆきました。
墓地がダメならエネルギーから!そう思ったかは分かりませんが、清水さんは「生命の門」をプレイ、「大巨人ゴッドファーザー」を出します。すかさずその効果で「ヤマブシ・ドリアード」を出します。
「マントルを漂う遺跡」があるとはいえ、これが中央ラインに居座られるのは、木下さんにとって非常に苦しい事態でした。
しかし木下さんは、「大巨人ゴッドファーザー」は「トロール流砲撃術」で、「ヤマブシ・ドリアード」は「呪われた手紙」で除去に成功。
ピンチをあっという間に切り抜けるのでした。流れは変わったかのように見えて、実は変わっていなかったようです。
そして今度は木下さんが「シルバーワイズ・ドラゴン」で攻めに出る。木下さんはかなりエネルギーを残してターンを渡してくるので、清水さんはなかなか「シルバーワイズ・ドラゴン」を倒すことが出来ない。
ようやく清水さんのプランから「呪われた手紙」が出て、「シルバーワイズ・ドラゴン」を倒そうとしたが、「トロール流砲撃術」のコストにされて自分のユニットを失ってしまう。
木下さんは、清水さんが「シルバーワイズ・ドラゴン」にてこずっている間に展開しておいたユニットを一気に攻め込ませる。結局清水さんは除去が追いつかず、投了。木下さんが決勝戦へと駒を進める。

3回戦総合結果
木下智哉さん、今井亮太さんが決勝進出、300万円を争う戦いに参加するのでした。


≪決勝戦≫
今井亮太さん(予選2位) VS 木下智哉さん(予選9位)

1本目
どっかで見たような組み合わせだと思ったら、2回戦1本目の立石さんと清水さんと同じデッキ対決でした。ということは…。
案の定、今井さんの速度の前に、木下さんなす術もなく。それでも木下さんは「カオスビースト・グリフィン」などで持ちこたえようとするも、今井さんの展開速度にまったく追いつけず。そのまま今井さんが押し切って、一本先取。

2本目
基本は同じのコントロールデッキ同士の対決。1本目と違い、長期戦が予想された。
序盤はまったく動きがないというくらい、静かな立ち上がり。両者とも5エネルギー溜まってから本格的に動き出すので、当然と言えば当然か。そう思っていた矢先、今井さんは「呪われた館」をプレイ。
だが木下さんはこれを「花束を捧げる乙女」で破壊。
ここからは今井さんのプレイングが光った。
ユニットをほとんどプレイせずに、「ドラゴンの洞窟」にほぼすべてのエネルギーを注ぎ込んで、木下さんのユニット除去に努めた。これにより、木下さんはユニットプレイを事実上封じられた状態になった。
ようやく木下さんのプランから出てきた「失恋の痛み」で「ドラゴンの洞窟」を無駄張りさせることに成功。
次のターンでプランから「神々の雷」をプレイして、ようやく「ドラゴンの洞窟」を対処することができた。
ところで、両者のプレイングはまったく違っていた。積極的にユニットを展開して攻めにゆく木下さん。
それに対し今井さんは、中央投下を中心とした完全防御体勢で木下さんを迎え撃っていた。
それも、墓地効果ユニットの効果だけでも倒せるのに、わざわざスクエアに残らない中央投下を。
しかし、その理由はほどなくして分かるのであった。
最初でも言ったとおり、長期戦が予想されたこの一戦。しかし、墓地効果ユニットを中央投下してすぐに
デッキに戻すプレイングをしていた今井さんと、「ドラゴンの洞窟」で多くの墓地効果ユニットを除外されてしまった木下さん。
デッキ枚数に差が出たのは必然であった。今思えば、今井さんは最初からスマッシュを与える気はなかったのではないだろうか。
つまり、相手のデッキ切れで勝とうとしていたのではないだろうか。
そのための「ドラゴンの洞窟」であり、中央投下だったのか。
つまり、すべては今井さんの手のひらの上での出来事であったのではないだろうか。
気付いた時には時すでに遅し。「シルバーワイズ・ドラゴン」も手伝って、墓地効果ユニットを根こそぎ除外されてしまった木下さんのデッキはついに尽きてしまい、今井さんが優勝を決めた。
ミラーマッチを熟知していたとしか思えなかった、今井さんのプレイング。
決勝戦という舞台で、完璧ともいえる作戦で勝負を決めた、今井さんの完勝でした。

決勝総合結果
3位決定戦では、清水さんが勝利。
よって総合結果は
1位: 今井亮太さん
2位: 木下智哉さん
3位: 清水昭雄さん
4位: 岩崎祐也さん
5位: 杉原栄次さん
6位: 立石祐也さん
7位: 高橋昌宏さん
8位: 名倉裕也さん
9位: 菊澤重信さん
10位: 串田安優さん
11位: 武井孝充さん
12位: 市川慶一さん
となりました。どの試合も激戦の数々で、皆様本当にお疲れ様でした。

どうでもいい話ですが、よく見ると「ユウヤ」さんが3人もエントリーされてたんですね。
全国の「ユウヤ」さん、次はあなたかもしれませんよ(笑)


Dimension-Zero Official Home Page © BROCCOLI