第五回 「D-0」日本選手権 決勝トーナメントレポート
遊宝洞 前川勝

準決勝 安田一成 VS 石垣亮祐
  (本選3位通過)   (本選10位通過)

 頂点の制覇まであと2勝。その事実を前にしたプレイヤーの心持ちがどの様なものであるか。それを筆者には想像することしかできないが、おそらく緊張で胃が痛くなって安静にしていたくなることは必定だろう。
  しかし、王者を目指す者にその様な弱音は似合わない。
正々堂々と戦い、正々堂々と勝ち続ける。それがこの地位まで上りつめてきた者の責務である。

1本目 Aデッキ  青緑ドラゴンパーティー(安田) VS 青緑ドラゴンパーティー(石垣)

 両者が同じ「ドラゴンパーティー」を使用する形になった1本目。デッキのディティールにわずかな違いはあるものの、基本的な勝利パターンはお互いに熟知している。その様な状況では、勝負を分かつポイントはお互いがシャッフルしたデッキの並び順が1枚食い違っただけ……という可能性も十分にありえる話である。
  それを占う序盤の展開。まず快調な滑り出しを見せたのは安田の方だった。2ターン目に《サイバー・チェイス》を放ち、続く3ターン目で《大巨人クレーター・メーカー》の投下に成功。石垣の出足をくじくとともに自身は《食物の連鎖》でエネルギーブーストを行う。石垣はその間《人面鳥の止まり木》を2枚プレイし、手札を増強できる体勢を整えるが、安田のプランから登場した《カオスビースト・ナインテイル》がさらにエネルギーを破壊し、ほとんど身動きが取れない状態である。
  一方、伸びやかにプレイを行なう安田はプランから《妖魔の勇者》をプレイした後、キーカードの一つ《深淵竜エメラルドティアー》をドローすることに成功する。
  何とか反撃の糸口を掴みたい石垣は《大地の塔》を張るが、安田は当然、そのラインに《妖魔の勇者》を移動。《スキップするフェアリー》の中央投下を未然に阻止する。
  安田のブロックを突破するため、《人面鳥の止まり木》を要所で起動して手札を貯める石垣だが、安田の勢いは止まらない。プランから《フェアエル・パーティー》を放った安田は同ターン中にさらに手札の《フェアエル・パーティー》を使用。「足りない手札はプランから」と言わんばかりに、プランからの《妖精竜スターフルーツ》、2枚目の《妖魔の勇者》を展開していく。
  ここにきてようやく手札が活きるエネルギーを確保できた石垣は隠し玉の一つ《バイオ・ブラスター》を使用し、安田の軍勢の一角を攻め落とすが、序盤から中盤に掛けて開ききった戦力差を埋めるのは、この単発の反撃では焼け石に水。その一発でほとんどのエネルギーを使い切った石垣に対し、迎撃手がないと踏んだ安田は全軍を前に出す。
石垣には1ターンでその軍勢をすべて迎撃できる手段もエネルギーも残されておらず、ここで投了を宣言する。

2本目 Bデッキ  白黒幽霊屋敷(安田)  VS   白黒幽霊屋敷(石垣)

 2本目も同系対決となったこの勝負。勝ちパターンが複数存在するこのデッキに置いては、いかに《陽気な幽霊屋敷》セットを揃え、バトルスペース上のコントロール権を奪うか、さらにはキーカードである2大「サイレント」(《サイレント・ナイト》《サイレント・マジョリティ》)を要所で使用できるかに注目が集まる。
  1本目の勢いに乗っていきたい安田は2ターン目の《失恋の痛み》で石垣の《犬闘士チワワ》を落とすが、石垣も《陽気な幽霊屋敷》をセット。さらに安田がプランから《サイレント・マジョリティ》をドローしたことを確認してから《失恋の痛み》をプレイするが、安田の手中には既に2枚の《サイレント・マジョリティ》が。仕方なく1枚の《サイレント・マジョリティ》を落とし、石垣は《犬闘士フェンリル》をプレイ。
  序盤はお互いが隙を見せない、互角の勝負を繰り広げる。
  中盤の安田、切り札的大型ユニットの一つ《ギガンティック・スカルドラゴン》をプレイし、サイドステップで石垣の手札破壊を目論むが、石垣は移動にスタックし、《ナイトベア》でそれを阻止。安田は仕方なく《陽気な墓場》をプレイするに留まる。
  このプレイで流れが自分に寄ってきたと見た石垣。安田が《陽気な森》をプレイする間に《失恋の痛み》で2枚目の《サイレント・マジョリティ》も落とし、プランに見えた《失恋の痛み》《ナイトベア》でスマッシュに落とし込むことに成功する。
  対して安田。対大型ユニット用に抱え込んでいた《ナイトベア》を呼び出し、プランからの《イビルアイ・ドライバー》《犬闘士フェンリル》を墓地に落とす。石垣の《陽気な幽霊屋敷》セットが完成する前に殴りきる作戦に切り替えを図る。
  それを受けての石垣。一刻も早く《陽気な幽霊屋敷》セットの完成を目指さねばならないことは当然理解しているが、その要請にデッキが応えてくれず、石垣のプランに表れたのは《サイレント・ナイト》。まだ中央ラインしか埋まっていない状況よりは墓地ある《陽気な墓場》《陽気な幽霊屋敷》を出しておいた方が、完成率が高まると判断した石垣はこれをプレイし、《陽気な森》が来るのを待つ。
  しかし、そんな石垣の懸命のプレイを嘲笑うかのように、運命の女神は次のターン、安田に「幽霊屋敷」最後のパーツ《陽気な幽霊屋敷》を明け渡す。
  焦る石垣。盤上のコントロールが安田に渡りつつあるならば、とプランから《サイレント・マジョリティ》をプレイして安田の山札に対して攻撃。安田は対応して手札から《イビルアイ・ドライバー》をプレイし、本格的にスマッシュ勝負を掛けにいく体勢を整える。
  安田は《ナイトベア》を一歩前に出すとともに、プランからの《神々の雷》で石垣の《陽気な幽霊屋敷》を破壊。石垣の目論見を砕きつつ、スマッシュを与える。
  対する石垣は安田の《ナイトベア》が残った《陽気な墓場》のラインから攻めてきているのを逆手に取り、《シャウトする人形ナオ》を中央投下し、安田の軍勢の頭数を減らす。
  だが、安田はここで攻め手を緩めるわけにはいかない。残った《イビルアイ・ドライバー》でスマッシュを続行する。
  返ってきた石垣のターン。ようやく《陽気な森》が現れてくれるが、先ほどの《神々の雷》の影響で《陽気な幽霊屋敷》セットの完成には至らない。このターンは安田の《イビルアイ・ドライバー》《イビルアイ・ドライバー》で迎撃するに留まる。
  軍勢を失った安田は《陽気な幽霊屋敷》を起動。墓地に落ちていた《ギガンティック・スカルドラゴン》《犬闘士テリア》を復活させ、戦線を回復。石垣としては最早《陽気な幽霊屋敷》セットを完成させる以外、目指すものはない状況だが、再び間の悪い《サイレント・ナイト》が現れるばかりで、プランからの《イビルアイ・ドライバー》《犬闘士テリア》を葬るのがやっとの状況である。
  それを見た安田は唯一残った《ギガンティック。スカルドラゴン》で石垣の手札を食い荒らしながら一気に敵軍エリアまで進行。ダメ押しの《サイレント・ナイト》《陽気な幽霊屋敷》セットを再度設置し、3点スマッシュを与える。
  これに対処したい石垣だったが、結局彼の《陽気な幽霊屋敷》は完成せず、まして眼前の《ギガンティック・スカルドラゴン》を除去したところで《陽気な幽霊屋敷》に小型ユニットを回収されれば7スマッシュ……。打つ手を失った石垣はここで投了を宣言する。
 
(この試合の見所)
 A、Bともに同系デッキの対決となったこの対決。特に見習うべきはBデッキの中盤、両者のプレイの裏にある激しい心理戦であろう。
  《失恋の痛み》で手中の《サイレント・マジョリティ》をすべて失った安田はこの時点で《ナイトベア》を手放し、スマッシュ勝負への移行をみせている。
  この判断が、結果として石垣の決して最良とは言えないタイミングでの《サイレント・ナイト》の使用を誘発し、その後の押し切りを成功される口火を切る形となる。
  この判断力の的確さは同系デッキとのスパーリングを何度も繰り返した結果に身につくものであろう。
  その後にプランから使用した《神々の雷》が効果的に機能したのも、「偶然」の一言で片付けるのは簡単だが、もし安田が攻めに転じていなければ「効果的に機能」すらしなかったのは明白だ。
  この駆け引きの自由度と激しさこそが「D-0」における最高の醍醐味と言える。
  君のデュエルもここまで極まれば、壇上に上がることも夢ではなくなるだろう。



Dimension-Zero Official Home Page © BROCCOLI