知識で差をつけろ!ディメンションゼロ 必勝テクニック集
第1回
・クイックタイミングの攻防を楽しもう!(スタックルール その1)


◆移動に対応して火力を撃ち込め! 【タンネピコロ】はこうやって撃破!

 メインフェイズに行われる行動は、すべてスタックに乗ります。
 「スタックに乗る」というのは、「移動します!→移動しました!」みたいに、行動がすぐに解決されるわけではなく、「移動します!」→「『移動するという予定』が予約されました」、という風に、いったん、その行動を棚上げしておくことです。


 どうしてこんなことをするのか?
 それは、その行動に相手(場合によっては自分が)割り込んで、さらに行動できるようにするためです。

 具体例を挙げて説明していきましょう。

 相手の場には、リリース状態の【大いなる刃タンネピコロ】がいます。
 【タンネピコロ】は自軍エリアにいるときはパワー3000のユニットですが、中央エリアに移動すれば5000、敵軍エリアまで攻め込めば7000の強力ユニットになります。


 さて、対戦相手もそれは承知していますから、中央エリアに移動を宣言し、コストを支払いました。そして、ユニットを中央エリアに移動させようとします。


 そこで待った!

 【タンネピコロ】の『移動』はスタックに乗りました。対戦相手は、これ以上特に何もせず、移動の解決を望んでいますから、行動する権利である優先権をパスし、あなたに優先権が回ってきます。

 このとき、あなたの手札には【プラズマ・ライフル】があったとしましょう。


 さっそく、【プラズマ・ライフル】を、【タンネピコロ】にプレイすることにし、『移動』の上にスタックを乗せました。
 お互い、これ以上することはないので、優先権をパスしあい、解決に入ります。
 (もちろん、このとき、お互い、クイックかバトルタイミングの行動であれば、追加で行うことができますが、ここではなかったものとします)

 さて、スタックの解決ですが、これは逆順処理といって、後から積まれたものを先に解決していくシステムです。
  ひとつひとつのスタックを積み木のブロックに見立てて、実際に積んでみるとわかりやすいでしょう。下に積まれた『移動』は、上に積まれた【プラズマ・ライフル】を解決しないと動かせませんね。


 では、順番に従って『プラズマ・ライフル』を解決します。【タンネピコロ】は3000のダメージを受けました。
 このときの【タンネピコロ】は、まだ自軍エリアにいますから、パワーは3000、破壊されてしまいます。

 次に残ったスタックの『移動』ですが、これは【タンネピコロ】がすでに場にいませんから無効ですね。

 仮に【タンネピコロ】を移動させようとしていたときに何もせず、中央エリアに移動してしまったなら、【タンネピコロ】はパワー5000。【プラズマ・ライフル】1枚では破壊できないユニットになってしまうところでした。

 しかも、相手は、移動に支払ったコストが完全に無駄になりました。
 これは確実に有利になりましたよね!

◆火力から身を護れ! そして一気に反撃だ!

 さて、スタックに積める行動は、お互いにひとつずつではありません。
 エネルギーと手札(もしくはプレイ可能な特殊能力)がある限り、何度でもスタックを積み上げることができます。

 先ほどの場合をもう一度例にとりましょう。
 今度は、あなたの【タンネピコロ】の移動に対応して、対戦相手が【プラズマ・ライフル】をプレイしてきました。



このままでは強力ユニットを失ってしまうので(しかも、移動に支払ったコストも無駄になってしまいます!)、あなたは【ルビー・ソウル】をプレイすることにしました。




 スタックは、以下の図のように積まれていますから




・【ルビー・ソウル】解決。【タンネピコロ】のパワーが6000に。






・【プラズマ・ライフル】解決。【タンネピコロ】に3000のダメージ。
 ただし、【タンネピコロ】のパワーは6000なので破壊されない。







・『移動』を解決。【タンネピコロ】は中央エリアに移動、パワーが+2000される。



 となるので、無事に【タンネピコロ】は生き残りました。
 どうしても守りたいユニットがいる場合には、こうやって守ってやればいいわけです。

 以下、どんなにスタックの数が増えても、これの繰り返しですから問題ないですね。
 もっとも、ディメンション・ゼロでは、手札を大量に持ち、かつエネルギーが余っていることはそうそう起きないはずなので、3〜4回も応酬を行えば、行動できなくなってしまうでしょう。
 10も20もスタックを積んで、「どんな順番だっけ?」みたいに悩むことはないと思いますよ!

 さて、第1回目はお役に立てましたでしょうか?
 ルールに関するご質問はこのホームページのユーザーサポート「ルールに関する問い合わせ」でお問い合わせください。

 それでは第2回、「さらにクイックタイミングの攻防を楽しもう!(スタックルールその2)」をお楽しみに!

文責:カードキングダム



Dimension-Zero Official Home Page © BROCCOLI