不定期連載いけっち店長のD-0お楽しみ講座
第4回 馬鹿みたいにエネルギーが出るデッキ、略して“ばかネ”

今回のデッキは、今までご紹介してきた“種族デッキ”とは違うのですが、気持ちの良い、愉快な動きをするデッキなのでご紹介しましょう。

「あんた何やってんの?!」

と対戦相手に突っ込まれるような奇妙な動きを繰り返し、謎な速度でエネルギーを超加速!
そしていきなり超巨大制圧ユニットを置いてゲームを締めくくるという、豪快、かつわかりやすい、基本的には「良くある」タイプの戦術なのですが・・・・

エネルギーの増やし方が、普通ではありません。

馬鹿みたいにエネルギーの増えるデッキ略して“ばかネ”
3×キューティー・バニー
3×バタフライマスター
3×象砲手バルカン
3×蜘蛛の巣を纏うフェアリー
3×大巨人レイクドリンカー
3×小さくて大きな力
2×バーサーカードラッグ
2×パウダー・スノー
3×センチネル・センチピード
3×ギガント・エイリアン
3×バードマン・ソウル
3×エマージェンシー・コール
3×サイバー・チェイス
3×流氷の大陸

最初の動きは、手札によりますが、大まかに言って2パターン。
普通に【キューティーバニー】を出す為に緑スタート、【バードマンソウル】狙いでプラン更新から初め、2ターンにに【バニー】を出してまたスマッシュエネルギーでプラン・・・か、
2ターン目に【サイバー・チェイス】を使って3ターン目に【バタフライ・マスター】を出し、墓地にある【サイバーチェイス】をエネルギーに置いてまたプラン・・・のパターン。

実際にはこれらが絡み合い、4、5ターン目辺りは【小さくて大きな力】、【サイバーチェイス】からの積み込み【バードマン・ソウル】などで、やりたい放題のドロー&エネルギー加速が行われます。

そこでぜひキメて貰いたいのが、一回出した【バタフライマスター】を、わざわざ【エマージェンシー・コール】で手札に戻して、再び出すという行動。
一瞬、
「何やってんの?」
と思った対戦相手も、再び出てきた【バタフライマスター】で、さっき使った【エマージェンシーコール】がエネルギーゾーンに置かれるのを見て、「なるほど!」と納得するでしょう。

なんだか回りくどいようなエネルギー加速コンボですが、【バタフライマスター】の能力を活用した、なかなかに実戦的なテクニックです。

これほどドローとエネルギー加速を両立させるデッキ構成はなかなかありません。よほどの事故が無い限り、相手とエネルギー差は相当開くはず!

【流氷の大陸】を張り、次々にユニットを送り込んでやりましょう!

○攻め方
基本的には、【流氷】の能力で、開いているスクエアに大型ユニットを出して相手を蹴散らしていきます。
【ギガント・エイリアン】は多くのプレイヤーに使われている優秀な制圧ユニットですが、【流氷】でいきなり中央、敵軍エリアに出てきた【エイリアン】はまさにフィニッシャー。相手のユニットやベースを手札に戻し、一方的に場を覆します。
しかも、このデッキは一般的な【流氷】を使うデッキより、さらにエネルギーが早く増えていきますし、そしてこれが大事なのですが・・・・エネルギー加速の際に場に出した小型ユニットが、【流氷】以外のラインに並んでいるはず!

これら小型ユニットも使った、多方向からの同時攻撃で相手にスマッシュを与えていくのが醍醐味です。相手はなかなか全てには対処しきれないでしょう。

たとえ一掃されても、またプランから次々にユニットを並べていけば良いだけ。壮絶なまでの矢継ぎ早の攻撃で、相手を「溺れさせて」やりましょう!

○キーカード解説
大巨人レイクドリンカー
相手の計算を狂わせるナイストリックスター。こっちのエネルギーが増えて攻め込んでも、相手にスマッシュを与えればエネルギー総数はそう変わらない・・・のですが、【レイクドリンカー】で「色エネルギー」をフリーズされてしまえば、こちらが考える以上に相手としては苦しいもの。
というか、普通、対処できるギリギリのエネルギーを残してプランなどを使うので、エネルギーを1フリーズされただけで、実は「何も出来なくなる」事が多いのです。
エネルギーの格差で一気に勝つ事にシナジーを絞り込んだこのデッキの、主力ユニットです。
プランユニット一体の中央投下で破壊されないパワー5000も魅力。

バーサーカードラッグ
最初にエネルギー加速を行っている時、プランから出たらさっそく【キューティーバニー】などに使いましょう。
エネルギーが増えた上、手札1枚ゲットです。
最後のスマッシュで「詰み」に行く時、ユニットが迎撃されないようお守りに持っておくのも良いでしょう。

パウダー・スノー
相手が速攻デッキだった場合役に立つ防御要員。中央投下で迎撃するよりも、できれば歩いて踏み潰す使い方をしたい所です。
例えば、相手が“呼び声ユニット”を出したなら、相手のターンエンドに“呼び声ユニット”のラインにプレイ。
自分のターン、二歩歩いて相手ユニットを踏み潰し、手札に戻します。
これは相手の速度を大幅に抑えることのできる重要なテクニック。実際に使うタイミングは多いでしょう。
【エマージェンシー・コール】と組み合わせて、青3コストでダメージ6000を中央エリアに与える事も可能。つまり、一回投げて、ダメージスタック後に【エマージェンシー・コール】で手札に戻すという、いわゆる「当て逃げ」と呼ばれるテクニックですね。(詳しくはオフィシャルホームページ内D0テクニック講座をご覧下さい。)

ギガント・エイリアン
壮絶最終兵器。
もちろん、【流氷】でいきなり中央か敵軍エリアに出してやりましょう。
相手は必死に迎撃してくるでしょうが、「あと一歩!」のところで【エマージェンシーコール】で手札に戻してやると、対戦相手の「ぐわぁ!してやられた!」という表情が楽しめます(ひどいな)。
もちろん、次のターン再び出してあげましょうね。


追記
今回のデッキタイトル“ばかネ”は、昔からの僕の記事をご存知の方には、とても懐かしく感じて頂けたのではないでしょうか。そう。別のゲームでの“アレ”ですね。ばかな。

ちなみにこのデッキ、ディメンション・ゼロヘッドジャッジ、進藤様に見て頂いたところ、
「馬鹿みたいにダメージを受けるデッキ、略して“ばかダ”はできないでしょうか?!」
と返されました。お見事!

つまり【バニー】【バルカン】だけでなく、【はぐれ狼スカーフェイス】や【小さな牙ガロン】、さらに赤の【誘爆戦鬼児雷也】【白熱戦鬼大蛇丸】【魔甲バイク餓狼】【誰がために鐘はなる】を入れた、自爆しまくりつつも勝利を目指すデッキ・・・って無理だろそれ!

・・・どなたか挑戦してみますか?


文責:カードキングダム



Dimension-Zero Official Home Page © BROCCOLI