ディメンション・ゼロ グランプリ-2- レポート その3
遊宝洞 中村聡

4. 対戦レポート/ベスト8
(準々決勝) 富田健さん vs 宇都慎一さん

  宇都さんは今大会の主役、黒緑「ルドルフ・ゲート」。決勝戦にも半数を占める4名を送り込み、押しも押されぬメタゲームの中心となったデッキです。エネルギー加速から「門」を経由し「タイガーアイ」を連れて登場する「ルドルフ」は、文字通り会場中で猛威を振るいました。対する富田さんは前回のグランプリでもベスト8入りしている文句なしの強豪プレイヤー。結果如何では賞金レースで1位に躍り出ることになります。使用するデッキは黒赤「トロール・ヴァレー」。実は店舗予選で同種のレシピが発表されている(ホビーステーション秋葉原店/渡辺智紀さん、カードカルト神戸三宮店/井原剛さん)デッキなのですが、そのポテンシャルに注目している人はごく一部であるのは使用人数から明らか。初めてその性能を目にする多くのギャラリーは皆目を丸くすることになりました。

 1戦目。先手の宇都さんは2ターン目に「バニー」、3ターン目・4ターン目に連続して「宴」と猛然とエネルギーを加速。そのまま「門」や「ルドルフ」につなげることはできませんでしたが、そのエネルギーを活用してプランから次々とユニットを展開します。その間、後手の富田さんは1ターン目に「キラー」、4ターン目に「ローリング」をプランからプレイして手札を破壊したものの、他のターンはひたすらプランを更新し、いたずらに墓地を肥やすのみ。ここまでだけを見れば、2ターンをロスしている富田さんがはっきりと不利に思える展開でした。

 ところが最短の5ターン目に富田さんが切札「幽鬼の谷」をプレイした時点から、急激に風向きが変わり始めます。先手6ターン目にスキュラ2体、バルカン1体、バニー1体と並んでいた宇都さんのユニットが、炎に投げ込まれた氷のように溶けていきました。手始めにX=2の「ノヴァ・コマンド」で「バルカン」が焼かれ、「幽鬼の谷」上の「ミュラー」を生贄にして「トロール流砲撃術」が「スキュラ」を吹き飛ばします。この時「ミュラー」の効果で「キラー」を回収、「幽鬼の谷」の効果で序盤に墓地に落としておいた別の「トロール流砲撃術」を回収。「キラー」で「バニー」をしとめつつ、自分のターンが来るまでには「幽鬼の谷」ラインに「フェザー」を投身自殺させて、「トロール流砲撃術」と「ノヴァ・コマンド」を回収します。宇都さんが何ターンもかけてプランから展開したユニットが、あっという間に焼き殺されたにも関わらず、プランまで活用した富田さんの手札は全く減る気配を見せない。まさに詐欺にあっているかのような局面が展開されたのです。

 宇都さんも必死の抵抗を試みます。環境最大のユニット「タイガーアイ」をプレイし、必殺の「門」→「ルドルフ or ゴッドファーザー」を幾度も決め、一気に巨大獣を展開してみせます。しかし、型にはまった「トロール・ヴァレー」は全くその抵抗を寄せ付けませんでした。「タイガーアイ」はX=3の「ノヴァ・コマンド」で一撃。「ルドルフ」や「ゴッドファーザー」は専用にあつらえたかのような火力「トロール流砲撃術」に打ち落とされていきます。ゲームはそのまま富田さんがコントロールし続け、山札の最後の一枚をプランとしてめくった宇都さんが、登場した「バードマン・ソウル」を潔くプレイすることで山札切れの決着を迎えました。

 続く2戦目は残念ながら拝見することができなかったのですが、同様に「トロール・ヴァレー」の勝ちパターンにはまり、今度はユニットを並べての一斉スマッシュで富田さんが勝利したとお聞きしています。「シャドー・ソウル」を回収する黒単色の従来型コントロールデッキは、移動や投身自殺に一手も二手も余分にかかるため、「ルドルフ・ゲート」展開力を押さえつけるにはいたりませんでした。しかし、それが1エネルギーでプレイでき、移動が不要で、回収のためのユニット廃棄もついでに行える「トロール流砲撃術」に変わったことによって、「ルドルフ・ゲート」の天敵デッキ「トロール・ヴァレー」に生まれ変わったわけです。このデッキの動きを初めて見たギャラリーの皆さんは、このグランプリの優勝者をすでに予測していたかもしれません。


(準決勝) 石川錬さん vs 平見友徳さん

 平見さんのデッキは説明不要の「ルドルフ・ゲート」。理想形で回った時には問答無用の破壊力を誇ります。対する石川さんのデッキはMTGプロの斉藤友晴さんがデザインした黒単色のビートダウン・デッキ。斉藤さんはグランプリ1でもデザインした白緑デッキを使う調整仲間がベスト8入りしており、メタゲームの中心を見切った上でのそれに勝てるデッキをデザインする能力は特記すべき事実と言えるでしょう。殴れる2エネルギー圏ユニットをフル投入しベースを一切排除したスピード重視の構成は、遅いデッキを使うプレイヤーの心胆寒からしめるに十分なものがあります。石川さんもMTGのプロプレイヤーであり、この場に勝ち残ったこと自体がそのプレイング能力の高さを証明しています。

 1戦目は平見さんが「生命の門」からの「ルドルフ」という黄金パターンを速攻で決め、しかも墓地から釣ってきたのは「ゴッドファーザー」。石川さんには、そこから繰り広げられる悪夢のような大量展開に抗する術はなく、一戦目は平見さんがものにします。

 互いに「バードマン・ソウル」を期待してプランを作成するというお馴染みの行動から2戦目がスタート。先手の石川さんは、2ターン目に「失恋の痛み」で「バニー」を捨てさせて相手のスピードを殺し、3ターン目にプランから「エリザベス」、4ターン目にプランから「バードマン・ソウル」を引き当てた上に「失恋の痛み」で「生命の門」を捨てさせる…という文句なく強力な滑り出し。対する平見さんも3ターン目に「宴」、4ターン目に受けたスマッシュを利用して「草笛を吹くフェアリー」と全く遜色のないスピードでエネルギー加速をしてのけます。
 石川さんとしては、なんとしても形を作られる前に殴り切る必要があります。5ターン目に「ローリング・ソーンズ」「キラー」と展開し、6ターン目に「ルドルフ」が降臨した時には一気に攻め込み、累計5スマッシュを叩き込んで勝機を探ります。

(1)ローリング・ソーンズ
(2)夢見る人形エリザベス
(3)殺意の魔影キラー

(4)幻影王ルドルフ
(5)草笛を吹くフェアリー
<石川> 被スマッシュ0

<平見> 被スマッシュ5

 返す後手6ターン目、平見さんはプランの「タイガーアイ」を更新して墓地に落とし、次にめくれた「ギガンティック・スカルドラゴン」で「キラー」を踏み潰し、プラン更新で落としてあった「タイガーアイ」を「ルドルフ」の能力で「ローリング・ソーンズ」の上に降らせてターンを終了。一瞬にして巨大ユニットで盤面が埋め尽くされる様は、このデッキ以外ではなかなか目にすることはできません。

(1)夢見る人形エリザベス
(2)戦虎タイガーアイ
(3)幻影王ルドルフ

(4)ギガンティック・スカルドラゴン
(5)草笛を吹くフェアリー
<石川> 被スマッシュ0

<平見> 被スマッシュ5

 先手7ターン目。「ギガンティック・スカルドラゴン」まで登場している今、平見さんのエネルギーが残り少ないこのターンは石川さんの数少ない勝機なのは間違いありません。当然のように温存していた「冥界の門」をプレイし、「ローリング・ソーンズ」を中央に並べて止めを刺さんと優先権を放棄…しかし、ここで平見さんの手札からプレイされたのは「毒蛇のひと噛み」。最後の勝機を失った石川さんは、増え続ける後続を前に投了することになります。

 「サイドボードに『毒蛇のひと噛み』を取っておけるところが、ここまで来た強さのひとつですよ。仕方ありません。」 石川さんの潔いコメントが試合のポイントを的確に示していたと言えるでしょう。ルドルフが動き出すまでに勝負を決めるはずの黒単色ビートダウンの猛攻を凌ぎきって、平見さんが決勝戦へと駒を進めました。


(決勝) 富田健さん vs 平見友徳さん

 決勝戦は平見さんの操る黒緑「ルドルフ・ゲート」対富田さんの黒赤「トロール・ヴァレー」。メタゲームの中心として猛威を振るったデッキ対その天敵デッキの対戦…という図式は、グランプリ1決勝の黒緑「クレーター・ミュラー」対青緑「歌劇場」の対戦を彷彿とさせます。準々決勝、準決勝と「ルドルフ・ゲート」を食い殺してきた「トロール・ヴァレー」。今回のグランプリもまた、前回同様天敵デッキが勝利を収めるのでしょうか?

 1戦目。デッキに「バードマン・ソウル」が入っていない富田さんは何もせずに1ターン目を終了します。ここから既に動きが特徴的なのが「トロール・ヴァレー」です。色濃い黒が必要な「幽鬼の谷」と、同一ターンに幾度も火力をプレイする必要性のために、赤くも黒くもない「バードマン・ソウル」は入らない。非常にプランを多用するデッキであるにも関わらず、そのような判断からの不採用と推測されます。

 2ターン目、双方が「失恋の痛み」を打ち合って手札が激減したところからデュエルがスタート。富田さんは、3ターン目に「ウンバ・ウンバ」、4ターン目に「キラー」、5ターン目に「フェザー」をすべてプランから展開する理想的なスタート・ダッシュ。対する平見さんも負けてはいません。3ターン目にプランから「瘴気の渓谷」を「ウンバ」にあわせ、4ターン目に手札から「バルカン」、5ターン目にプランから「サキュバスの吐息」をプレイして、「瘴気」とのあわせ技で「ウンバ・ウンバ」を破壊します。カードアドバンテージ的にはほぼ互角ですが、エネルギー加速が少なめの「ルドルフ・ゲート」側に対して、「ノヴァ」や「砲撃術」の種となるユニットを並べることができた「トロール・ヴァレー」側が有利な滑り出しと言えます。

 さらに6ターン目、富田さん側がキーカード「幽鬼の谷」を中央ラインに貼り、天秤は大きく傾きます。切り替えすように平見さんも「ギガンティック・スカルドラゴン」をプレイして富田さんの手札を攻め、コンボの始動を遅らせようと努力します。しかし、続く7ターン目に、プランから「フェザー」が「幽鬼」ラインに投身自殺して2枚の火力を回収した瞬間から、魔のサイクルがスタートしてしまいました。その後はただひたすらに続く虐殺劇。「ギガンティック・スカルドラゴン」を皮切りにあらゆるユニットが焼き殺され、平見さんは11ターン目に静かに投了を宣言しました。

 不利な相性を打開してくれることを信じて、平見さんは大量のサイドボードを投入します。その努力にデッキが応えたかのように、2戦目の序盤は明らかに平見さんが有利にゲームを進めます。3ターン目、4ターン目と連続して「誕生の宴」をプレイし、順調にエネルギーを増やす平見さん。対する富田さんは、すべての3ターン目まですべてのエネルギーを費やして、プランの作成・更新を繰り返すのみだったからです。しかし、4ターン目、今度は富田さんのデッキが全力のプラン更新の努力に応えました。このターン最初のプラン作成で「幽鬼の谷」がプラン上に現れ、会場全体の空気が変わります。その空気を言葉にするならばこうでしょう…「終わったかもしれない。」 すでにエネルギーは4。次のターンに「幽鬼の谷」を貼れば、あの虐殺劇が始まるのはほぼ確実に思えました。

 日本人は判官贔屓であると良く言います。この会場で思う存分暴れていた「ルドルフ・ゲート」は明らかに憎まれる側でした。あたかもグランプリ1の「クレーター・ミュラー」のように、『もう「ルドルフ・ゲート」が圧倒的に勝つ姿は見飽きた。だから、今度は違うデュエルを見せてくれ。』 口では言わないまでも誰もが少しは思っていた正直な気持ちではないでしょうか。ところが、この時点までにその空気はすでに変わりつつありました。それもそのはず。富田さんはすでに2度、決勝に上り詰めるほどに完成された「ルドルフ・ゲート」を滅ぼしてきています。そして、1戦目の一方的なまでの虐殺劇。『もしかしてまたなのか。「ルドルフ・ゲート」が勝つ所が見たいわけじゃないが、せめてもう少し接戦にならないだろうか。』 ため息に似た空気の変化を翻訳すればこういう言葉になったかもしれません。

 すべての「ルドルフ・ゲート」の頂点に立った平見さんは、その空気に応えて見せました。返すターン、ぎりぎり間に合わせてみせた7エネルギーを全て使用し、手札から「大巨人コスモクエイク」をプレイしたのです。エネルギーが破壊されて、富田さんに残されたエネルギーは3。目の前に見えていた「幽鬼の谷」が一気に遠のきます。しかも、万一「コスモクエイク」が除去できなければ、エネルギーは決して増えませんから、このままゲームが決まってもおかしくない大逆転の一手です。富田さんは残ったエネルギーで「スパイク・ガールズ」をプレイしたのみ。4エネルギー以下で「コスモクエイク」に対処する手段はごく限られていることを考えれば、サイドボードからの狙い済ました一撃は急所に突き刺さった可能性が出てきました。

 しかし、勝利の女神は富田さんを選びました。次のターン、最初のプランで現れたカードは「トロール流砲撃術」。たった1エネルギーでプレイできるカードがサイドボードからの希望を焼き尽くした後、8ターン目に「幽鬼の谷」が登場、1戦目の再現が始まりました。

 軽量ユニットの多いデッキならばある程度の展開は可能でしょう。しかし「ルドルフ・ゲート」は1ターンに2ユニット展開するのがほぼ限界です。大型ユニットが多ければ、火力を多く使わせることも強要できるでしょう。しかし、「ルドルフ・ゲート」の主力ユニットは6000です。「ルドルフ・ゲート」の強さを支える「誕生の宴」も「バードマン・ソウル」も「草笛を吹くフェアリー」も「象砲手バルカン」さえも、完全なコントロールが達成された後には自分の余命である山札を削ることしかできません。相手のユニットを足腰が立たなくなるまで焼き殺し、やがて心が折れた時に勝利する。富田さんの見事なプレイングに支えられた「トロール・ヴァレー」が、グランプリ2最強の「ルドルフ・ゲート」を3度倒して、賞金100万円と大いなる栄誉への道を切り開いたのです。


5. 終りに
 「トロール・ヴァレー」とそれを操る富田さんの強さが際立って見えた決勝戦。しかしながら、「幽鬼の谷」が序盤に引けなかったデュエルや、展開力とサイズを兼ね備えたデッキとの対戦を考えれば常に有利に戦えるデッキではありません。非常にプレイングの難しいデッキであるという指摘も多く、メタゲームを読む目の正しさに加え練習量に裏打ちされた素晴らしいプレイングがあったからこそ、富田さんはグランプリ2優勝の栄冠に輝いたと言えるでしょう。富田さん本当におめでとうございました。

 グランプリも2回目が終了し、数多くの方がプロの資格を手に入れました。レポートの最後にプロになった皆さんにお願いがあります。それは、プロとして誇りのあるデュエルをして欲しいという一点です。ディメンション・ゼロがこれからも発展していくと信じているからこそ、ブロッコリーさんも力を入れて賞金制トーナメントを開催しています。プロとなった皆さんが模範となり、多くのプレイヤーがプロを目指したいと考え、さらにはディメンション・ゼロを遊びたいと考えることが、ひいてはプロの皆さんの活躍の土台となります。

 プロは強くなくてはいけません。そして、それ以上に、対戦した人を楽しませ、観戦した人を楽しませることを期待されます。あなたは遅延行為をしていませんか? あなたは勝つことだけを考え、相手を不愉快にさせていませんか? あなたは自分のデュエルを見て、自分を尊敬し、ディメンション・ゼロを始めてみたいと思いますか? プロになった皆さんの、本当のプロとしての活躍を心から期待しています。

 最後になりましたが、グランプリ2とその予選に参加してくださったすべてのプレイヤーの皆さん、予選を開催してくださったすべての店舗の皆さん、そして、運営に協力してくださったスタッフとジャッジの皆さん、本当にありがとうございました。
 グランプリ3が新しいデッキと更なる盛り上がりが見られますように。


遊宝洞 中村聡



Dimension-Zero Official Home Page © BROCCOLI