ディメンション・ゼロ グランプリ-1- レポート
遊宝洞 中村聡

 グランプリ−2−地方予選も目前になってしまいましたが、グランプリ−1−レポートの最終回です。筆者の自業自得なのですが、レポートが遅くなったため、記憶が薄くなっています。もし記載に間違いがあればご指摘ください。謹んで修正させていただきます。

 
5. 対戦レポート/ベスト8
(準々決勝) 本波友行さん vs 栗原伸豪さん

 強豪が出揃ったベスト8、私が拝見したのは、マジック・ザ・ギャザリングのプロツアーの常連でもあるまさにカードゲームのプロ同士の対戦です。本波さんがベスト8でも5人が採用している大本命「黒緑クレーター・ミュラー」、栗原さんは同じくマジックのトッププレイヤーである斉藤友晴さんがデザインした「白緑ファッティ」を使用しています。

 1戦目は後手である栗原さんが制します。3ターン目、4ターン目と一方的に緑の悪魔、「クレーター・メーカー」を手札から中央投下することに成功した栗原さんは、エネルギー格差をきっちりと盤面の圧力に転換。本波さんの抵抗を物量とサイズで圧倒しました。

 続く2戦目。緑同士の攻防を占う「3ターン目のエネルギー・アドバンテージの奪いあい」は、今度は先手の本波さんが優位に立ちます。何もできない栗原さんを尻目に、3ターン目に宴、4ターン目にプランからクレーターと1戦目のお返しのような展開です。

 その優位を勝利につなげるべく、本波さんは5ターン目にゲンブ、6ターン目にはプランからミュラーを展開。栗原さんもバルカンを引き当て、エネルギー格差をじわりと縮めます。先行7ターン目、本波さんはゲンブとミュラーを中央エリアに進軍させます。栗原さんは、ミュラーを花冠のフェアリーの中央投下で迎撃しようとしますが、サキュバスの吐息でかわされます。栗原さんとしては盤面を押されている上に、3点目のスマッシュを受けてかなり苦しい展開です。唯一の救いは、花冠のブーストと受けたスマッシュのおかげで、エネルギー不足の足かせがやっと失われたことでしょうか。

 続く後攻7ターン目に劇的に状況が変化します。まず、栗原さんのバルカンの進軍でミュラーが倒れ、本波さんが回収したクレーターを中央投下、栗原さんのエネルギーが再び削られます。ここで白緑デッキの切札「天国の門」が開きます。ゲンブの上にロマネ・コンティが降臨し、なんと押されていたはずの栗原さんが、たった1ターンでバルカンとロマネという大型ユニットで攻勢をかけている側に変わってしまったのです。

 結果的にこの1ターンの攻防がゲームを左右しました。本波さんはすぐ次のターンにはプランからの冥王の鉤爪でロマネを処理するのですが、攻守を入れ替えるまでには至りません。主力となるユニットが共に緑という移動にコストがかかりやすいユニットである両者のデッキ。一度傾いた天秤を逆転させるのは非常に困難です。本波さんは後続として展開された大型獣を処理しながら逆転する余裕を作ることができず、栗原さんがそのままゲームを勝ち取りました。

 ゲンブという大型ユニットを処理しながら、一気に自分の主力ユニットを攻撃に送り出した「天国の門」。手札のアドバンテージを1枚失ってあまりある強力カードを使いこなした栗原さんが、準決勝にコマを進めました。


(準決勝) 中村慎太郎さん vs 串田安優さん
 ベスト8の組み合わせは、黒緑-黒緑、黒緑-白緑、黒緑-青緑、黒緑-青緑の4組。5人もの大軍勢を決勝に送り込んだ「黒緑クレーター・ミュラー」ですが、すべての組み合わせで敗北を喫し、ベスト4に食い込んだのは同族を倒した1名だけになってしまいました。大本命として疑いない実力はあるものの、決勝に残るほどのメンバーには最も重点的に対策され、それが結果に反映したのかもしれません。

準決勝で拝見したのは、中村慎太郎さんと串田安優さんの「青緑歌劇場」対決です。緑のエネルギー加速を背景に、高速で「水底の歌劇場」を建設。中央〜敵陣エリアに次々と大型スマッシュ2ユニットを叩き込んで強引に相手をねじ伏せるデッキです。コストが大きなカードが中心のデッキであるため守りは薄く、小型ユニットで押すデッキには弱い側面がありますが、そういう天敵は黒緑が駆逐してくれています。反面、エネルギー破壊には耐性のある青緑は、ゆっくりとコントロールしてくる黒緑には、その攻撃力の高さから有利に戦うことができます。会場全体では1割程度のデッキがベスト4の半分を占めたのは決して偶然ではありません。

 1戦目を歌劇場ラインからムーン・イーターを送り込んだ串田さんが先取、2戦目はシーホース・ルドルフ → バルカン → ムーン・イーターと序盤のユニットのぶつけ合いを制した中村さんが取り返します。1対1、勝負は3戦目に持ち越されます。

 先手の串田さんが3ターン目に動けなかったのに対して、後手の中村さんは手札からクレーター作成。4ターン目に串田さんが宴、5ターン目に中村さんがバルカン、その返しで向かい合う位置に串田さんがゲンブと互いにエネルギーを増やしつつ、場を支配しようと展開します。大きく情勢が変わったのが6ターン目。中村さんが歌劇場を貼ることに成功し、やむなく串田さんが自分のターンにティラノギアで自軍エリアを埋めます。中村さんは理想的な展開で、歌劇場ライン中央エリアにムーンイーターを置いて2スマッシュ。この時点のバトルゾーンはこんな形になっています。

(1)水底の歌劇場
(2)象砲手バルカン
(3)大巨人ムーン・イーター

(4)カオスビースト・ゲンブ
(5)魔獣王ティラノギア
<中村> 被スマッシュ1

<串田> 被スマッシュ3

 先手7ターン目。串田さんはプランと手札から連続してスキュラをぶつけ、ムーン・イーターを除去。ゲンブを進めてバルカンの行く手を阻みながら1点スマッシュ。ここまでの急激な展開で両者手札をほとんど使いきっており、台風の目に入ったかのような動きの少ないターンに移ります。後手7ターン目、中村さんはバルカンを1歩横に逃げさせて終了。先手8ターン目、両者動かずにスマッシュするのみ。後手8ターン目、中村さんはバルカンを前に出し、串田さんがその行く手をふさぐ形で自軍エリアにムーン・イーターをプレイ。バルカンがスマッシュを与えます。

(1)水底の歌劇場
(2)象砲手バルカン

(3)カオスビースト・ゲンブ
(4)大巨人ムーン・イーター
(5)魔獣王ティラノギア
<中村> 被スマッシュ2

<串田> 被スマッシュ4

 ユニットでは串田さんが圧倒していますが、スマッシュはすでに4点受けており、歌劇場の存在によりいつ突然死を遂げてもおかしくない状態。両者ともに綱渡りの心境でしょう。先手9ターン目、串田さんがムーン・イーターをバルカンのいるスクエアに移動、それにスタックして、中村さんがバルカンとゲンブを対象にしてパラドクス・ストームをプレイ。成功すれば、ムーン・イーターは仲間のゲンブのいるスクエアに移動することになり、ルールによって破壊されてしまいます。しかし、串田さんはさらにスタックして、バルカンに対してケイオス・ハンドをプレイ。バルカンはエネルギーに送られ、対象が2つとも存在しないと失敗する置き換え効果であるパラドクス・ストームは無効化、ムーン・イーターは無事中央エリアにたどりつきます。劇的な攻防の末、中村さんはアイシクルを歌劇場ライン中央にプレイ。このターンをしのげば勝ちと考えたのでしょう、串田さんはゲンブだけでスマッシュを与えて天運を待ちます。

(1)水底の歌劇場
(2)氷柱の魔氷アイシクル

(3)カオスビースト・ゲンブ
(4)大巨人ムーン・イーター
(5)魔獣王ティラノギア
<中村> 被スマッシュ3

<串田> 被スマッシュ4

 ターンを渡せば敗北する可能性が濃厚な中村さん。プランの中に回答を求めます。串田さんがスマッシュを抑え、確率をぎりぎりまで低くしたにも関わらず、天は中村さんに味方します。歌劇場ラインをこじあけるカード、シーホース・ルドルフが登場したのです。ティラノギアが手札に戻り、スキュラが歌劇場の力で敵軍エリアに強襲。3点のスマッシュを与えて中村さんが決勝の切符を手に入れました。


(決勝) 中村慎太郎さん vs 岩田隼一さん
 ディメンション・ゼロ最初のグランプリ・チャンプを決める戦いにのぞむのは、「青緑歌劇場」を操る中村慎太郎さんと、「黒緑クレーター・ミュラー」を操る岩田隼一さんです。かたや会場の4割を占める主役デッキ。かたやその主役を食い物にしてきた天敵デッキ。まさに決勝にふさわしい組み合わせと言えるでしょう。

 デッキ相性的には青緑優位かに見えた対戦ですが、さすがは黒緑の頂点を極めた岩田さん。1戦目を終始見事に攻勢をかけ続けてもぎ取り、2戦目も有利にデュエルを進めます。もし、必死に守っているだけならばそのまま勝敗は決していたでしょう。しかし、中村さんは危険をおかしてプレッシャーをかけ返します。ゲームは互いに相手の喉首に刃をつきつけあった展開のまま長期化、14ターンの長い攻防を制したのは、黒の除去をかいくぐって敵陣エリアまで切り込んだ中村さんのティラノギアでした。

 互いに1デュエルずつ取り合って、泣いても笑っても続くデュエルが最終戦です。1位の賞金が100万円。2位の賞金が50万円。いわば、たった1回のデュエルに50万円が、そしてそれ以上に大きな初代チャンピオンの栄誉がかかっているわけです。

 3エネルギー貯まった時点で、岩田さんが宴、中村さんが益々繁盛と双方共に納得の滑り出し。さらに互いに向かい合う形でバルカンを並べる所までは互角の展開だったのですが、先手5ターン目岩田さんが2回連続でプランに有効カードが出ずに足踏みを余儀なくされます。先手6ターン目に岩田さんのプランにクレーター・メーカーが登場しますが、すでに相手のエネルギーはスマッシュをあわせて6。エネルギーを削るよりユニットを並べることが重要と判断した岩田さんは自軍エリアにプレイします。ここで、中村さんが6エネルギー貯まってすぐに歌劇場を建築。1戦目2戦目で苦戦した中村さんにとって、流れが変わったかのような理想的な展開です。岩田さんがバルカンを歩かせて歌劇場ラインを埋め、中村さんは返すターンで当然のようにムーン・イーターをプレイ。一気に2スマッシュいれて勝利を自分の側に手繰り寄せます。

(1)水底の歌劇場
(2)象砲手バルカン
(3)大巨人ムーン・イーター

(4)象砲手バルカン
(5)大巨人クレーター・メーカー
<中村> 被スマッシュ1

<岩田> 被スマッシュ3

 両者ともに決勝に残ったほどのプレイヤー。この日最も幸運に恵まれていることは明らかであり、その幸運を手繰り寄せるだけの実力も当然に兼ね備えています。それを裏付ける攻防が続くターンに展開されます。先手7ターン目、岩田さんは1枚目のプランで冥王の鉤爪を引き当て、7エネルギー・パワー8000という第1弾環境屈指の破壊しにくさを誇るカードを手札すら使わずに葬り去ります。中村さんも負けてはいません。返すターンで2体目のムーン・イーターをプレイ。しかし、同じターンに岩田さんは、キラーとダミアンをぶつけて、スマッシュを受けることなく2体目までも除去してしまいます。黒緑に対して7エネルギーのムーン・イーターが鍵となることを理解し、歌劇場→ムーン・イーター→ムーン・イーターと展開してみせた中村さん。黒5エネルギーを含む11エネルギーを用意し、それを見事に切り替えして見せた岩田さん。ギャラリーが一手ごとにざわめくのも当然でしょう。

 先手8ターン目、岩田さんはバルカンを前に出し、プランからエリザベスをプレイして歌劇場ラインを埋めつつスマッシュ。歌劇場ラインに空白スクエアがあれば、いつ巨大ユニットに襲われるかわからない以上、当然のプレイです。後手8ターン目、中村さんはバルカンを前に出してスマッシュし返し、プレッシャーをかけます。

(1)水底の歌劇場
(2)象砲手バルカン

(3)象砲手バルカン
(4)夢見る人形エリザベス
(5)大巨人クレーター・メーカー
<中村> 被スマッシュ2

<岩田> 被スマッシュ4

 ここからの攻防も強烈です。バルカンを放置するわけにはいかない岩田さん。バルカンを牽制するためにエリザベスを左に移動。歌劇場ラインを埋めるために、クレーターも左に動かします。中村さんは移動にスタックして、開いたスクエアにスキュラをプレイ。クレーターを迎え撃って迎撃します。岩田さんは冥界の門でキラーを拾い、スキュラと相撃ちを取ります。中村さんはさらに同じスクエアにバルカンをプレイしますが、なんと岩田さんは手札から、同じラインに妖精の風車をプレイ。中央のバルカンを移動させて、加速によって一方的に中村さんのバルカンを破壊します。続く後手9ターン目、猛烈な攻防で手札を使いきっていた中村さんはゲームを決めるカードを引くことができず、何もせずに1点スマッシュを与えてターンを返します。

(1)水底の歌劇場      
(2)象砲手バルカン

(3)夢見る人形エリザベス
(4)象砲手バルカン
(5)妖精の風車
<中村> 被スマッシュ3

<岩田> 被スマッシュ5

 ここまで来ると、無思慮な行動は自分の首を絞めます。安易に攻撃してしのぎきられれば、次の反撃で7スマッシュを受けかねない以上、両者ともにエネルギーと手札を確保しながら勝機を探る他ありません。先手10ターン目、まず岩田さんは何もせずに優先権を放棄。中村さんは益々繁盛をプレイして貴重な手札を補充し、歌劇場ラインながらあえてバルカンから離れた自軍エリアにシーホース・ルドルフをプレイします。その動きを見て、岩田さんも動きます。バルカンを1歩前に出し、プランを2回失敗しながらもエリザベスを引き当てて歌劇場ラインをふさぎます。中村さんは、スマッシュを回避しつつ、歌劇場ラインを空けるためにシーホース・ルドルフでバルカンを手札に戻します。

 後手10ターン目、その後、こじ開けたスクエアにファルコン・ケンを送り込みますが、キラーで迎撃されます。このターンのドローも、ケンのドローもケイオス・ハンド。なんとしても攻め続けたかった中村さんですが、後続の攻撃手段がつきてしまいます。おかげで貴重な時間を手に入れた岩田さんも、5スマッシュ受けている以上、受けに回らざるを得ません。先手11ターン目は何もせずに返します。

(1)水底の歌劇場
(2)夢見る人形エリザベス
(3)妖精の風車
<中村> 被スマッシュ3

<岩田> 被スマッシュ5

 後手11ターン目、プランから登場したバルカンは最後のエリザベスで破壊され、ここでバトルスペースは完全にきれいになりました。この時間の余裕を逃すわけにはいきません。岩田さんは黄泉返りの呪法で、ダミアンとクレーターを回収します。このまま、後続を除去しきってカードアドバンテージを生かして攻めに転じれば黒緑の土俵。早急に攻撃手段を引き当て、押し切れば青緑が勝利する。そんなまさに境界線上の一瞬の空白状態です。先手12ターン目、岩田さんは、プランから自軍エリア中央にマリアンをプレイ。それを中村さんがケイオス・ハンドで除去します。さらにプランからの失恋の痛みが残るケイオス・ハンドを叩き落とし、中村さんの手札はゼロになります。後手13ターン目、ドローしたティラノギアを中央にプレイ、岩田さんはダミアンから回収したキラーを投下して迎撃します。バトルゾーンのユニットも手札もすべて失った中村さん。人事を尽くした上で天運を待ちます。

 岩田さんの残りエネルギーは3。手札にあるカードは呪法で回収したクレーター・メーカーと、プランで確認済のスパイク・ガールズであることはわかっています。パワー4000以上のカードをプランで引き当てれば、このターンにゲームを決めることができます。中村さんのエネルギーは残り6。プランを作成して登場したカードはハイタイド・セイコー。これで攻め込んでも迎撃されるだけですが、自軍エリアにプレイすれば次のターン以降の貴重な攻め手を確保することができます。しかし、中村さんはこのターンの勝利のチャンスを追及します。そして更新されたプランは…シーホース・ルドルフ。残されたエネルギーでプレイ可能な待望のパワー4000ユニットです。まさに値100万円のプラン、シーホース・ルドルフが敵陣深くプレイされ、最後の2スマッシュを叩き込みました。

 常にぎりぎりの状況で必要なプランを引き当てる強さを見せた中村さん。運が良かったから優勝したのでしょうか? その通りなのですが、決してそれだけではありません。そのプランがあれば勝てる状況を生み出したのはプレイングとそれに先立つデッキ構築の実力です。実力のある人だけがチャンピオンになるチャンスを手に入れます。そして、実力と幸運を併せ持った人だけが、本当にチャンピオンになることができるのです。

 ディメンション・ゼロ初代チャンピオン、中村慎太郎さん。本当におめでとうございます!


6. 終りに
 ベスト8の試合はすべて、まさにディメンション・ゼロ初代チャンピオンを決めるに相応しい戦いでした。優勝した中村さんを祝福するとともに、予選から決勝に至るまで参加してくださった全てのプレイヤーの方々が、次のグランプリで活躍することを心からお祈りいたします。

 また、大会を盛り上げてくださったブロッコリーの方々、厳正な大会を支えてくださったジャッジの皆様、店舗予選を開催してくださった全ての店舗様にこの場を借りてお礼を言わせていただきます。

 またグランプリ−2−で素晴らしい対戦が見られることを期待いたします。



Dimension-Zero Official Home Page © BROCCOLI