プロプレイヤーコラム グランプリ-3- 優勝者 生田瑛二さん
グランプリ-3-にて見事地元に錦を飾った名古屋の英雄。
混沌としたメタゲームの中、勝ち進むのは難しいであろうと予想された「トロールヴァレー」で勝ち進み準決勝で緑白、決勝では緑単色のデッキをその対応力の高さで凌ぎきった腕の持ち主。
前日予選会場ではD-0史に残る劇的な幕切れで赤王の玉座こそ逃したものの、不利な状況でも諦めず、流れを引き戻す力を備えたTOPプレイヤー。
ディメンション・ゼロ グランプリ-3-
優勝者 生田瑛二さん

カードレビューNo.01  I-4 009 プラネットコア・ドラゴン
サイズだけで言えば、5コストパワー5500スマッシュ1ともっと他に良いのがいるじゃないかというこのカードですが、中央ラインの中央エリアにいる時だけはパワー6500スマッシュ2という5コストでは最大級のサイズを持っています。
また、「マントルを漂う遺跡」とも相性が良く自軍エリアでもパワー6500と赤の火力で焼かれにくいパワーになり中央に行きやすくなります。
しかも中央にいるときは、パワー8500スマッシュ2と破格のサイズになりこのカードを除去するのは相当難しいものとなります。
ついでに「マントルを漂う遺跡」の効果で墓地カードを除外できるので一石二鳥です。
このカードは、どうやってもスマッシュが3点を相手に与えられないので最後の詰めでは役に立たなかったりするのですが、そこは「勝利宣言」と組み合わせることによって何とかなります。


カードレビューNo.02  I-4 023 見つめる人形アリッサ
ほぼ同じ能力で「イビルアイ・サージェント」というカードがいますが、そのカードは黒単のビートダウンでよく使われていたカードなのでこのカードが弱いはずがありません。
「イビルアイ・サージェント」とこのカードを3枚ずつデッキに入れると、合計6枚になり団結デッキのようにプランが成功しやすくなります。
しかし、合わせてデッキに入れるとこのカードは使用タイミングがノーマルなので大事な場面で手札に来て困ってしまうことも良くあります。
また、「イビルアイ・サージェント」とこのカードを数枚ずつデッキに入れることによって残りデッキに何枚このカードが残っているか分かりにくくすることができます。
さらに、種族がドールなのでドールデッキに入れれば、主力のユニットとして活躍するでしょう。


カードレビューNo.03  I-4 044 銀砂の魔女
またすごい効果を持っているセイレーンが現れました。
このカードを破壊しても、すぐに新しいユニットが展開されどんどん攻めていくことが出来ます。
しかし、攻撃的に使うのは簡単ですが防御的に使うのがなかなか難しく意外と使いにくい能力です。
そこで、このカードを「トロール流砲撃術」でコストとして使うことによってその弱点を補うことが出来ます。
また、コストとして使うので好きなタイミングで墓地に行くのでプランゾーンに出したいユニットがいるときに1コストで出すことが出来ます。
例えば、「ステルス・スナイパー」がプランゾーンにいるときに使用すると6000のダメージを2回与え、一気に場の状況をひっくり返すことが出来るでしょう。
他のカードと組み合わせてもいろいろな効果を出すので、いろいろ試すと面白いです。


カードレビューNo.04  I-4 075 電脳神の聖地
相手のベースを破壊しつつ同じラインにベースをプレイできなくするこのカードは、ある意味最強のベースといえるでしょう。
さらに中央ラインに置いてしまえば自分のユニットがパワー+1000され、相手はベースをプレイすることが出来ないので一方的にアドバンテージを得続けることが出来ます。
また、「大いなる神の手」と組み合わせることで相手のベースを破壊できたりします。
今までのベース破壊カードでは、出戻りベースを破壊しようと思っても手札に逃げられてしまって破壊できずにいましたが、このカードを使えばもうそのラインにベースをプレイすることが出来ないので実質破壊してしまったようなものです。
「電脳神の聖地」により、もう白にベースで勝負を挑めるものはいなくなるのではないでしょうか。


カードレビューNo.05  I-4 099 老衰遺伝子
パワーの大きさとエネルギーの量で戦っていた緑にも、ついに小難しい効果を持ったカードが出てきました。
このカードによく似た効果を持ったカード「太古の繭」と同じように、除去されそうになった自分のユニットを守ったり、相手の巨大ユニットを相手のエネルギーゾーンにいる一番弱いユニットにしたりできます。
また、相手の移動に対応して使用するとフリーズ状態の別ユニットになってしまうので移動に失敗し、その場所に居座ってしまうので相手のユニット展開を邪魔します。
おもしろい使い方としては、相手の「生命の門」の対象になったユニットをこのカードで呼び出して「生命の門」を不発に終わらせることも出来ます。
これら以外にもいろいろな状況で使えるので、一度使ってみてこのカードの使いやすさを体験してみてはいかがでしょう?



Dimension-Zero Official Home Page © BROCCOLI