初めての方へ
 このサイトは、ブロッコリーより発売されているトレーディングカードゲーム「ディメンション・ゼロ」の大会に関する情報をまとめたサイトです。
 商品に関する情報や、商品に対するお問い合わせは、下記HPをご参照ください。

ディメンション・ゼロ公式ホームページ


Dimension0 Players' Association
DPA(Dimension 0 Players’ Association)は、プロプレイヤー及びジャッジの認定、ルールの管理、大会の管理運営を行なう、全てのディメンション・ゼロプレイヤーのための組織です。
Dimension 0 Players’ Association 規約抜粋の暫定版はこちらを参照してください。


■評議委員会
評議委員長 内野秀紀(株式会社ブロッコリー 取締役)
ルールディレクター 中村聡(遊宝洞)
アシスタント
ルールディレクター
吉江輝成(ブロッコリー)
DPA顧問弁護士 水戸重之(TMI総合法律事務所)
≫ DPA設立記者会見レポート



ディメンション・ゼロ DPA規約
                                                   2007/8/27
 >> Dimension 0 Player's Association 規約 (PDF形式、サイズ25KB)
 >> DPAプロプレイヤー規約 (PDF形式、サイズ30KB)
 >> DPAジャッジ規約 (PDF形式、サイズ25KB)
 >> フロアルール(ディメンション・ゼロ/プロジェクト レヴォリューション 汎用)
    (PDF形式、サイズ88KB)

以上の規約は2007年8月27日現在のものであり、内容は更新される可能性があります。


DPAに関するQ&A(2005.10.14)

【DPA】
Q: DPAは実際にはどんなことをする組織ですか?
A: 主な業務は3つです。
 
(1) ルールに関する業務
ディメンション・ゼロの総合ルール、フロアルールを作成・管理し、ルールに関する紛争の裁定を行ないます。
(2) 大会に関する業務
公式大会を開催します。また、公認大会の管理を行ないます。
(3) プロプレイヤー、ジャッジに関する業務
プロプレイヤーとジャッジの認定と情報の管理を行ないます。


【大会制度】
Q: 大会制度について教えてください
A: 大会には主に公式大会と公認大会があります。
公式大会はDPAが主催する大会です。公式大会にはプロ賞金がかかる大会も含まれます。プロ賞金のかかる大会は、2005年9月現在で2006年中に3回のグランプリと1回の日本選手権の開催が決定しています。
公認大会はジャッジ資格者やショップなどがDPAに申し込むことでDPAから認定される大会です。公認大会の中には公式大会の予選を兼ねるものもあります。

Q: 大会の参加条件を教えてください
A: 現在のところ下記のような参加条件を予定しています。

グランプリ本戦、日本選手権本戦
・プロアマ問わず(但し、プロ登録していない方が入賞しても賞金は支払われません)
・事前に開かれる予選を通過し参加権を獲得していること
・参加費:無料(交通費等の支給なし)

Q: 公式大会スケジュールについて教えてください
A: ディメンション・ゼロオフィシャルページのイベント・大会情報のグランプリのページをご覧ください。


【プロプレイヤー】
Q: プロプレイヤーになるためには、どうすればいいですか?
A: DPAの定めるプロプレイヤーの資格は、要約すると以下のようになります。
 
プロプレイヤーにふさわしい人格を持ち社会の規則、規範を守る者
ディメンション・ゼロの技術、知識がありルールを守る者
小学生を除く12歳以上の男女。但し、満18歳未満の者は、保護者の同意を必要とする。
ディメンション・ゼロの開発に関わるなどして事前にその内容を知り得る立場にない者、もしくはその立場を離れて一年以上経過した者。
上記の資格を満たしているとDPAが認めた者が、公式大会予選を通過して本戦に出場する際にプロ登録の審査が行なわれます。

2006年度のプロ登録審査は3回のグランプリ及び日本選手権の会場で行なうことを予定しています。プロ登録希望者は、上記会場でプロプレイヤー規約に同意していただきますとプロ登録がなされます。プロプレイヤー規約の内容については次の質問をご参照ください。


Q: プロプレイヤーがしなければならないことはあるのでしょうか?
A: プロプレイヤー規約に定められるプロプレイヤーの義務は要約すると以下のようになります。
 
公式大会・公認大会に参加する際にはプロプレイヤーとして参加しなければならない。
DPAの要請があった場合には、可能な限り取材対応や執筆活動等、ディメンション・ゼロとDPAの広報活動に協力する。
DPAの要請でディメンション・ゼロとDPAの広報活動に協力する場合、その際に撮影される写真・映像等の肖像権、著作権等がDPAに属することを承認する。
ディメンション・ゼロプロプレイヤーとして取材対応、執筆活動、媒体への出演、スポンサード契約を行なう場合には、金銭及び物品に関わらずDPAがその窓口となる。また、そのような依頼がありDPAが協力を要請した場合には、可能な限り応じる。
獲得した賞金については税法に則り個人にて確定申告を行なう。


Q: 社会人なのですが、プロプレイヤーになることは副業にあたるのでしょうか?
A: 申し訳ございませんが、こちらにつきましてはDPAではなく副業規定を設けている会社等の組織の判断になりますので、DPAからはお答えすることができません。
なお、プロプレイヤーであること、プロ賞金を獲得したことなどによって、DPAの責によらず、何らかの不利益を被った場合にはDPAは補償等を行ないません。


※補足説明
プロプレイヤーの資格に関して、ディメンション・ゼロの開発に関わった者とは具体的に以下のような範囲の人間を指します。
ブロッコリー本社勤務の社員、アルバイトと店舗勤務の社員
開発会社社員
テストプレイ委託先及びテストプレイヤー(テストプレイヤーは事前に登録されDPAで管理されています)
その他、ライターなど事前にカードの能力値や効果を知り得た者

つまり、例えば下記の人物は含まれません。
ブロッコリーの店舗勤務のアルバイト
D-0に関する記事を書いたライターで発売前の商品の能力値や効果を知らされていない者


【賞金制度】
Q: 賞金の獲得について教えてください
A: プロプレイヤーとして公式大会に参加し、上位入賞されますと、スポンサーより、源泉徴収により税金を差し引いた額の賞金が授与されます(高額の場合には後日の振込み)。予期せぬ大会の中止や反則、判定の誤りが後日発覚した場合の対応はDPAの裁量で行なわれます。

Q: 賞金の金額について教えてください
A: ディメンション・ゼロオフィシャルページのイベント・大会情報の賞金一覧のページをご覧ください。



DPA Official Home Page © BROCCOLI