以前のニュース
≪イベントレポート≫
ディメンション・ゼロ前夜祭レポート
テーブルゲームフェスティバル2005 イベントレポート
ブロッコリー秋まつりコンサート ディメンション・ゼロイベントレポート
ユーザーカンファレンス大阪 イベントレポート

≪最新ニュースに戻る≫



ディメンション・ゼロ前夜祭レポート
11月25日(金)、翌日にディメンション・ゼロの発売日を控えた秋葉原にて、『ディメンション・ゼロ前夜祭』が慣行された!

≪テープカット≫

ゲーマーズ本店前はパニック寸前の人だかり。トレーディングカードゲーム新時代の幕開けを告げる「ディメンション・ゼロ」のオープニングセレモニーが開催された。
当日は木谷会長、中村聡氏、池田社長に加え、なんと年末に開催される『PRIDE男祭り-頂 ITADAKI-』で日本人初のPRIDE王者を狙う、イメージキャラクター・五味隆典選手も駆けつけ、多くのマスコミ・ユーザーの注目を浴びる中、華々しくテープカットが行なわれたのだった。


≪初心者講習会≫

ゲーマーズ本店8階のデュエルスペースでは、初心者に向けた講習会が開催。述べ30人が参加して賑わうとともに、新規カードに関する質問やデッキの組み方に関する討論など、さまざまな話題がも飛び交う中、真剣な眼差しでディメンション・ゼロをプレイされる人々が多く集まったのだった。

≪秋葉原アソビットシティ D-0発売記念大会≫

秋葉原・アソビットゲームシティにて開催されたのは、発売記念大会! ストラクチャーデッキとブースター4パックを用いた変則シールド戦で行なわれた。
初めて見るカードを手に一喜一憂しながらデッキ構築をし、そして長丁場となる対戦を繰り広げるプレイヤーたち。
テープカットのセレモニー終了後、五味選手を初め木谷会長、中村聡氏、池田社長も激励に訪れ、終始和気藹々と大会は進行していった。
そんな中、累計60名以上で行なわれた本大会で見事優勝したのは、ペンネーム・ESさん。なんと、10戦10勝・勝率10割という恐るべき結果を残しての、文句なしの単独優勝だった。ESさん、おめでとう!




テーブルゲームフェスティバル2005 イベントレポート
11月20日(日)、東京・浅草にて開催された「テーブルゲームフェスティバル2005」にて、ディメンション・ゼロ エキジビジョン・マッチ「木谷会長十番勝負」が開催された。
当日集まった多くのボードゲーム・カードゲームファンの見守る中、木谷会長ご自慢の緑・白デッキで集まる猛者たちを一掃! 7勝3敗という高い勝率の結果を残したのだった。



ブロッコリー秋まつりコンサート ディメンション・ゼロイベントレポート

≪ディメンション・ゼロ 初心者講習会≫
10月30日(日)に開催された『ブロッコリー秋まつりコンサート』にて、ディメンション・ゼロの講習会が開かれた。
ブロッコリーファンが多く集うイベントだけあって、ディメション・ゼロ経験者も多数!
そこで、初心者と経験者の2グループに分けた講習が行われた。

経験者グループは、スタックやタイミングの詳細解説など、より強くなるため講習となり、静かながら熱い空気に包まれた。
また初心者グループは、ディメンション・ゼロこそ初めてなもののカードゲームの経験者は多く、講習後のデュエルはレベルの高い攻防となった。

今後も各地で行なわれる講習会に参加して、いち早くディメンション・ゼロを覚えよう!!




≪木谷会長十番勝負≫
『ブロッコリー秋まつりコンサート』内では、ブロッコリー最高開発責任者である木谷会長によるガンスリンガー戦「木谷会長十番勝負」も開催! 当日集まったプレイヤーの方々と10戦連続で勝負するというこの企画。木谷会長は白緑のデッキを使用し、トータル2時間半に渡る長丁場の勝負で、7勝3敗という結果になった。
今回は木谷会長の勝利に終わったが、次回は木谷会長を倒すべく、つわものたちよ、腕を磨くのだ!

【戦績】7勝3敗

試合数 10
勝敗 × × ×



ユーザーカンファレンス大阪 イベントレポート
ディメンション・ゼロのユーザーカンファレンスが、東京・名古屋に続いて大阪でも開催された。定員数を越える人数が集まり、立ち見も出るほど。大阪の街での期待の高さを裏付けているといえよう。
今回のカンファレンスには、エグゼクティブ・プロデューサー・木谷会長、ゲームデザイナー・中村聡氏、カードキングダム代表・池田芳正氏の3名が参加。ゲームルールに関して、今後のプロモーションに関して、大会トーナメントに関してなど、さまざまな質問が飛び交った。それらの質問に関しては、後日ニュースにて発表させていただく。

大阪のユーザーカンファレンスでユーザーを驚かせたのは、11月より大阪のショップ数店舗による大阪選手権が他都道府県に先駆けて開催されるというもの。ディメンション・ゼロに早々と目をつけた大阪の商人(あきんど)たちによる強い要望に、DPA認可という形で大会が行われることになったのだ。詳細は近日発表となるので、こちらも期待してお待ちいただきたい。






Dimension-Zero Official Home Page © BROCCOLI