【重要】出場停止処分、賞金受賞資格の剥奪、プロ登録の抹消、DPAジャッジ資格の剥奪のお知らせ

不正内容:
グランプリ−6−の参加者2名が、本選当日会場にて、対戦相手のプレイが遅延行為であると主張し、遅延行為にあたらないとするジャッジの裁定ににも関わらず、威圧的行為を以ってドロップを強要したことが判明いたしました。
そのため、この行為がフロアルール3部第4章6項「デュエルまたはマッチの投了」における対戦相手に投了を求める不正行為にあたり、さらにフロアルール3部第2章1項「非紳士的行為の禁止」に則り、また彼らがジャッジ資格を保有していることを重く捉え、DPAジャッジ規定にも照らして、下記の処分の対象とします。

処分内容:
・出場停止処分60ヶ月間(2007年7月19日より 2012年7月18日まで)
※出場停止期間中は、全てのDPA主催大会・公認大会へ出場することができなくなります。事前に本人確認を行わない公認大会などへの出場がレポートなどで判明した場合、さらに厳重な処罰がくだされます。
・グランプリ−6−の賞金受賞資格の剥奪
・プロ登録の抹消
・DPAジャッジ資格の剥奪

また今回の行為は、脅迫による財産権の剥奪と捉えることも出来、民事刑事訴訟に至る場合すら考えられ、既に顧問弁護士への相談も行っております。
今回のケースが悪質と考えられる場合には、出場停止期間の延長なども視野に入れております。

さらに、今回の不正行為の内容が対戦を行っていない観戦者の立場で大会参加者に影響を与えた不正行為であることを鑑み、以下の処分も追加対象とします。

処分内容:
・入場禁止処分60ヶ月間(2007年7月19日より 2012年7月18日まで)

今後も、DPAは公正な大会運営維持のため、悪質な違反行為に関しては厳格に対処いたします。

参加者、プロプレイヤー、ジャッジの皆様にも、運営の方針をご理解いただき、何卒ご協力のほどよろしくお願いいたします。

DPA<ディメンション・ゼロ プレイヤーズ・アソシエーション>大会運営部



Dimension-Zero Official Home Page © BROCCOLI